ボルトの錆や左後輪に注意! 車輪脱落事故3年連続増加「厳しい状況」

〜 平成30年度大型車の車輪脱落事故発生状況を受けて 〜


   平成30年度のホイール・ボルト折損等による大型車の車輪脱落事故発生件数は81件(うち

人身事故3件)と3年連続で増加し、ピークとなった平成16年度の87件に迫る厳しい状況となり

ました。

   事故が発生した車両の傾向として、左後輪に脱輪が集中していることに加え、今般、新たにホ

イール・ボルトやホイールの錆の除去が不十分のままタイヤ交換されているおそれがあることが

確認されたため、関係団体と一致協力して、ボルトの錆の除去など適正な交換作業の実施、交

換後、特に脱輪の多い左後輪の重点点検を大型車ユーザーに求めて参ります。

 

 

 

詳しくはこちら