大型特殊自動車メーカー2社から報告があった不適切な分解整備作業について

  国土交通省から大型特殊自動車メーカー2社に対し、認証を受けていない事業場によって分

解整備作業が行われたことについて、業務改善を指示しました。


 平成30年4月、三菱ロジスネクスト(株)が製造するフォークリフト等の大型特殊自動車について、

同社の子会社が道路運送車両法第78条の認証を受けていない全国56事業場で分解整備を実施

していたため、同社に改善指示するとともに関係団体に対して注意喚起を行いました。

  これを受け、平成30年6月、大型特殊自動車メーカー6社※1より三菱ロジスネクストと同様に、

子会社及び直轄工場の全国138事業場において認証を受けないで大型特殊自動車の分解整備を

実施していた旨それぞれ報告があり、6社に改善指示を行いました。さらに、平成30年11月、大型

特殊自動車メーカー3社※2より、子会社及び販売会社において認証を受けないで大型特殊自動車

の分解整備を実施していた旨それぞれ同様の報告があり、3社に改善指示を行いました。

今般、2事業者から不適切事案について報告があったため、当該事業者に対し措置を取りました。

   なお、今般法令違反が発覚した車両について事故の報告は受けておりません。

 

 

 

詳しくはこちら