平成31年度の事業計画(案)の重点項目

 平成31年度の事業計画(案)の重点項目は、次のとおりです。


  平成31年度における取り組むべき重点項目は、次の通りである。

  

1.組織の拡充及び安定強化

2.優良な車体整備工場の見える化の促進

    1)先進安全自動車対応優良車体整備事業者制度の促進

3.環境問題への対応

    1)リサイクル部品の活用の促進・リサイクル部品活用推進会議への参画

    2)大気汚染防止法に基づく揮発性有機化合物(VOC)の排出抑制に対する対応    

   3)自動車リサイクル法への対応

4.自動車車体整備事業の認証制度の創設に伴う研究

5.事故破損車両の修理後の検査の必要性に伴う研究

6.自動車車体整備士の有用性に伴う研究

    1)自動車整備人材確保・育成協議会への参画

    2)高度化車体整備技能講習の実施

    3)外国人技能実習制度の研究

7.自動車登録番号の封印業務に関する取付け委託行為に対する対応

8.車積載車による有償運送許可に関する講習への協力及び支援

9.事故破損車両の修理後の品質保証に伴う修理保証書と車体修理記録簿の自動車ユーザー

    への提供並びに車体整備に関する技術情報の提供

10.特殊整備工場(車体整備作業一種と二種)及び特定部品専門の認証工場並びに自動車車

     体整備士、二級自動車シャシ整備士の資格取得の推進及び自動車車体整備士有資格者を

     対象に高度化車体整備技能講習の実施の推進

11.BPグランプリの開催の研究

12.福祉共済保険制度及び終身医療保障制度と自動車整備業賠償共済保険制度の実施及び

     所得補償制度の実施の促進

13.損保との連携及び協調

    1)作業効率の向上並びに新技術に関しての交流の研究

    2)自動車盗難等の防止に関する官民合同プロジェクトチームへの参画

    3)リサイクル部品活用推進会議への参画