平成30年における交通死亡事故の特徴等について


 ○ 交通事故死者数は減少傾向(3,532人)。

     人口10万人当たり死者数も同様に減少傾向。

     高齢者の人口10万人当たり死者数は全年齢層の約2倍。

 

 ○ 全死者数の約半数が歩行中又は自転車乗用中の死者。

       ・うち約7割が高齢者。

       ・うち約3分の2に法令違反あり。

 

 

 

詳しくはこちら