10月の中小企業月次景況調査(平成30年10月末現在)について

 《概  要》

 

  10月のDIは、9指標中7指標が上昇。主要3指標については、全指標が3ポイント以上上昇し

た。

  当月は、自然災害や猛暑の影響が一段落したことから、売上高をはじめとした製造業・非製

造業双方の各種指標が大幅に上昇。景況感は改善したものの、繰越工事の受注、季節イベント

の実施、原材料値上前の駆け込み需要等が主要因であり、主要3指標の数値は3カ月連続で悪

化する直前と同水準に留まっている。原材料費・人件費・燃料費等の経営コスト上昇圧力は引き

続き強く、人手不足の慢性化も深刻な状況。消費増税や貿易摩擦を懸念する声も多く、中小企

業の先行きは引き続き注視していく必要がある。


 

 

 

詳しくはこちら