世界に先駆けて水素ステーション100か所が開所します


 燃料電池自動車(FCV)の普及拡大に向けた環境整備を推進するため、2013年度より商用水素ステーションの整備か進められています。

 この春、新たに8か所の水素ステーションが開所することで、国内の水素ステーションは世界に先駆けて合計100か所となります。

 先般設立されました「日本水素ステーションネットワーク合同会社」を中心に、今後も水素ステーションネットワークの更なる拡大が期待されます。経済産業省としても、規制改革、技術開発、水素ステーションの戦略的整備を三位一体で協力に推進してまいります。

 

 

 

詳しくはこちら