先進安全自動車に関する消費者の使用実態

 機能を過信せずに安全運転を心がけしましょう


 各自動車メーカーから、衝突被害軽減ブレーキ等の先進安全装置を搭載した車両が販売されています。衝突被害軽減ブレーキを搭載した車両による事故削減効果も認められています。

 PIO−NETには2012年度以降、先進安全装置に関する相談が142件寄せられています。購入時に装置の内容を十分に理解できていなかったり、機能を過信していると、安全装置が適切に作動せず事故につながる危険性も考えられます。

 そこで、先進安全自動車について、先進安全装置の動作を紹介するとともに、消費者の使用実態に関するアンケート調査及び事業者へのアンケート調査を実施し、消費者に情報提供することとします。

 

 

 

詳しくはこちら