外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)っ

て何?


Q:外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)っ

  て何?

 

A:外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)は、

  技能実習に関し、技能実習計画の認定及び監理団体の許可制度を設け、これらに関す

  る事務を行う外国人技能実習機構を設けること等により、技能実習の適正な実施及び

  技能実習生の保護を図るものです。

 

Q:技能実習制度の認定とは。

 

A:技能実習を行わせようとする方は、技能実習生ごとに、技能実習計画を作成し、その

  技能実習計画が適当である旨の認定受けることになりました。認定は、新設される外

  国人技能実習機構が担います。

 

Q:監理団体の許可とは。

 

A:監理事業を行おうとする方は、事前に許可を受けることになりました。許可の事務は

  、新設される外国人技能実習機構が担います。

 

Q:技能実習生の保護とは。

 

A:技能実習生への人権侵害行為等について、禁止規定や罰則を設けるほか、技能実習生

  による申告を可能とします。国による技能実習生に対する相談・情報提供体制を強化

  するとともに、実習実施者・監理団体による技能実習生の転籍の連絡調整等の措置を

  講じます。

 

   詳しくはこちら