ホイール・ボルト折損等による大型自動車等の車輪脱落事故防止について

  大型自動車の車輪脱落事故防止のため、本日、関係団体に対してタイヤ交換時の適切な作業

や日頃の点検における確実な確認を徹底するよう指示しました。


1.事故発生状況

 

     平成28年度の大型自動車のホイール・ボルト折損等による車輪脱落事故の発生件数は56

     件(うち人身事故は3件)で、前年度に比べ15件増加しています。特に、11月から3月に36件

     (全体の64%)発生しており、大型自動車の車輪脱落事故は冬季に発生する傾向にあります。

 

2.車輪脱落事故防止に係る関係団体への要請

 

     国土交通省では、本日、関係団体に対して大型自動車等の車輪脱落を防ぐため、タイヤ交換

    及び日頃の点検において以下の4点を徹底するよう要請しました。

 

  @規定のトルクでの確実な締め付け

  Aタイヤ交換後、50〜100q走行後の増し締め

  B日常(運行前)点検での確認

  C専用ボルト及びナットの使用

 

    なお、上記については、(一社)日本自動車工業会においてチラシ等により自動車使用者等に

    対して周知しております。

 

 

 

詳しくはこちら