9月・10月は「自動車点検整備推進運動」の強化月間です。

 「クルマを大切にするって、人生も大切にすることなんだ」


   自動車は、使用期間や走行距離に応じて故障・劣化が生じることから、安全にご使用いただく

ためには、自動車ユーザーが責任を持って、適切に点検・整備を行うことが必要です。このため、

国土交通省は、自動車関係団体等の協力を得て9月及び10月を強化月間として「自動車点検

整備推進運動」を全国的に展開します。

 

 1.平成29年度「自動車点検整備推進運動」の重点項目

     ・女性、若者(10代から30代の自動車ユーザー)をターゲットとした啓発

     ・長期車両ユーザーへの啓発

     ・大型車の車輪脱落・火災事故防止のための重点点検の実施

     ・エコ整備(点検・整備によるCO2削減効果)の啓発

 

 2.強化月間における取組

   [1]ポスター・チラシ等(約156万枚)を用いた広報・啓発活動

       (自動車関係団体や地方自治体の事務庁舎、高速道路SA等に掲示を依頼)

   [2]全国各地で自動車点検整備関連イベント等を実施

       (関連イベント:全国77箇所、点検教室:全国115箇所)

   [3]全国304社の乗合バス事業者の協力を得てバス車両に「横断幕」の掲示

   [4]「LOVEキャラバン出発式」の開催

 

   国土交通省では、自動車ユーザーへ適切な点検・整備の重要性を啓発するとともに、確実な

点検・整備の励行を積極的に推進してまいります。

 

 

 

詳しくはこちら