平成29年度「不正改造車を排除する運動」強化月間における街頭検査の実施結果


   国土交通省では、騒音の原因となる違法マフラーを装着した車両など悪質な不正改造車を排

除するため、毎年、関係団体等と連携し「不正改造車を排除する運動」を実施しています。今年

6月の強化月間には、都道府県警察、(独)自動車技術総合機構、軽自動車検査協会等の協力

のもと街頭検査を重点的に実施しました。

 

 1.強化月間中の街頭検査実施実績

      ・実施回数:325回

      ・検査車両数:22,936台(うち二輪自動車及び原動機付自転車283台)

 

 2.確認された主な基準不適合

   街頭検査の結果、1,027台に整備不良や不正改造による基準不適合が確認されました。

 

 3.整備命令等の発令

      基準不適合が確認された車両については、ユーザーに対して改善指導を行うとともに、そ

      のうちその場で改善されなかった307台(うち二輪自動車及び原動機付自転車44台)につ

      いては道路運送車両法に基づき整備命令を発令(原動機付自転車にあっては警告書を交

      付)しました。

 

 

 

詳しくはこちら