やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等の使用

   運転中にスマートフォンの画面を注視していたことに起因する交通事故が増加傾向にあり、い

わゆる運転中の「ながらスマホ」が社会問題となっています。


 1.携帯電話使用等に係る交通事故発生状況(平成28年中)

 

         平成28年中の携帯電話使用等に係る交通事故は1,999件発生しており、5年前(平成

       23年)と比較すると約1.6倍となります。

      特に、スマートフォン等の画面を見たりして起きた事故は、約2.3倍となります。

   平成28年中に死亡事故は27件発生しており、そのうち画像目的使用の事故は、17件と死

       亡事故全体の63%を占めています。

 

 2.警察等の取組

 

      警察では、運転中におけるスマートフォン・携帯電話等の使用の危険性を訴えるため、関

      係機関・団体等と連携して、広報啓発活動を推進しています。また、平成29年春の交通安

      全運動においても、「運転中のスマートフォン等の操作等の禁止の徹底」が全国重点に関す

      る推進項目として設定されています。

 

 

 

詳しくはこちら