現在実用化されている「自動運転」機能は、完全な自動運転ではありません!

  現在実用化されている「自動運転」機能は、運転者が責任を持って安全運転を行うことを前提と

した「運転支援技術」であり、運転者に代わって車が自律的に安全運転を行う、完全な自動運転で

はありません。


  平成28年11月、千葉県八千代市において、日産自動車(以下「日産」という。)社製の試乗車

が、「プロパイロットシステム」を使用した走行中に、運転者が前方停止車両を認識していたにも関

わらず、自動車販売店店員の誤った認識に基づく指示により、ブレーキをかけずに走行した結果、

走行環境の影響から衝突被害軽減ブレーキが作動せず、前方停止車両に追突し、前方停止車両

に乗車中の2名が負傷する事故が発生しました。

  日産社製の「プロパイロットシステム」を含め、現在実用化されている「自動運転」機能は、運転者

が責任を持って安全運転を行うことを前提とした「運転支援技術」であり、運転者に代わって車が自

律的に安全運転を行う、完全な自動運転ではありません。

  このため、運転者は、その機能の限界や注意点を正しく理解し、機能を過信せず、責任を持って

安全運転を行う必要があります。

 

 

 

詳しくはこちら